スマホアプリで水素水を生成

水素水をアプリで生成

健康や美容に効くとして話題になっている水素水ですが、そんな水素水を生成できるというアプリケーションがあるって知っていましたか?水素水はペットボトルやパウチの形で販売されていたり、水道水を電気分解して作り出す機械が主ですが、スアートフォンアプリで水素水ができるというのは世界初かもしれません。Googl play storeで3,000円で販売されました。水素水とは水の中に水素が溶け込んだ水の事です。家庭でも水道水から水素水を生成できるとしてたくさんの種類の生成器が販売されています。一方で電気分解で簡単に作れることからその商品の信ぴょう性なども疑われています。高額の機械を買わされて初めにいっていた効果がまったくないなどの苦情もあり、2016年3月には、水素水や健康食品を販売する会社に対して、消費者庁から一部業務停止命令がだされたこともありました。

アプリの使い方

使い方はとても簡単です。まずテーブルにスマホを置きアプリを起動させます。水が入ったコップをスマホの上に置き、30分放置するだけです。アプリの振動で水素水が生成できるというものです。このアプリの開発を手掛けたのは「童謡開発団体」です。水素水とはなんの関係もなさそうですが、アイデアマンの発想で売り出しに踏み切ったそうです。現在の売れ行きはというと、残念ながらあまりよろしくなく、値段も100円に下がっています。興味のある方はぜひ。

Comments are closed.