サラ金の審査に通らない原因は何?

サラ金では、借入を希望する申し込み者に対して、一定の基準に沿った審査を行ないます。その中で審査に通らない原因と思われるものには次のようなものがあります。
1、ブラックリストに載っている。
過去にサラ金やクレジットカードを利用していた方で、滞納や債務整理をしたことがある履歴がある方は要注意です。審査がなかなか通らないとしたら個人信用情報でブラックリストに載っている可能性が考えられます。ブラックリスト入りしているならサラ金はもちろん、銀行カードローンやクレジットカードを新規に利用することもできません。
2、申し込みブラックになっている。
申し込みブラックとは、サラ金や銀行から短期間(6ヶ月間内)にいくつものサラ金に申し込みをしている人のことです。サラ金で借入の申し込みをすると、業者側は借入希望者の信用情報を信用情報機関にチェックします。その際に同じ月に何度も借入の申し込みをしているはバレてしまい、「この人は他社で借入申し込みを断られた」というマイナス印象を受け審査に不利となります。
3、借り入れ希望額が多すぎる。
総量規制により、年収の3分の1を超える借入することはできないので、借入希望金額が年収に較べて多すぎるなら審査には通りません。また、すでに他社から融資を受けていて、今回の借入の申込みと合わせた金額が総量規制に引っかかってしまう場合も審査には通りません。

Comments are closed.